ローズヒップオイル3つの効果的な使い方と具体的なメリット

ローズヒップオイルは、天然100%のフェイシャルオイルとして長年人気のスキンケアアイテムですが、どのように使うのがより有効でしょうか?

ローズヒップオイルは薔薇の実の種から採れるとっても希少な美容オイルです。お茶などでも有名ですが、スキンケアに使う場合には、抗酸化作用の高い成分が豊富ということで有名です。ビタミン含有量も高く、さらに体内では作り出せない必須脂肪酸と呼ばれる、減少することによって老化の原因になってしまうという、大切な美容成分がたっぷり含まれています。

通販などでも購入できるので、手軽でお手頃価格と言えなくもないローズヒップオイルですが、
一般的に20mlや30mlといった小瓶で3000円〜5000円くらいで販売されています。開封してから酸化の香りが気にならない期間で使わなきゃ!と考えると、それほどお安くないような?

郵便送料無料 トリロジー ローズヒップオイル 20ml trilogy オイル 美容液[0014/1561][TG100] 人気モデルが愛用するイチオシの美容液!

感想(153件)

そう考えると決してお安くはないですね。ちなみに、20mlを朝晩のお顔のみのスキンケアに使う場合、1ヶ月持つか持たないかというところです。それならば、効果を最大限に引き出せるように、きちんと毎日使い、しっかり使い切りましょう!

ローズヒップオイルの効能は?

まず、100%ピュアのローズヒップオイルの一番有名な効能は、
”保湿力”そして、”毛穴を目立ちにくくさせる(肌をふっくらさせる)”。
”肌の傷を修復させる””ニキビ改善””美白効果””しわの改善”ということも一般的に謳われていますが、それらを実感するにはある程度の時間が必要かと思います。ですので、すぐ見た目に分かりやすい、”保湿力”と”毛穴の引き締め”に注目します。

毎日のスキンケアに有効な使い方

1・洗顔後、お肌を化粧水で整えてからローズヒップオイルを散布する

ローズヒップオイルは高毒性があるため昼間は使わない方が良いという記事を見かけますが、これは全く根拠がありません。ローズヒップオイルを全てのスキンケア商品に使う有名メーカーに問い合わせたところ、”ローズヒップオイルが日焼けを促すことはない”とのことです。

ローズヒップオイルで有名なニュージーランドのブランド、TRILOGY(トリロジー)の方も、朝晩の使用を推奨しています。

2・目元、口元の集中マスクとして

乾燥対策として、集中的によく動かす顔の部分である、目元、口元に使います。
普段通りのスキンケアをし、保湿クリームの前に軽く指先で部分的にプッシュするような感じで肌に浸透させるか、ホットタオルで目元口元を温めて浸透を促すこともお勧めです。

3・ホットタオルでじんわり自宅エステ

部分的にホットタオルをするならば、顔全体にしてしまおう!という筆者のような面倒くさがり屋さん(=いえいえ、効率はより良いと思いますよ^^)は、フェイスタオルをよく濡らし、ビニール袋に入れて電子レンジで温めます。湯気で火傷をしないように気をつけながら取り出し、顔全体にたっぷりローズヒップオイルを塗り、顔全体を覆って20秒〜30秒待ちましょう。タオルが冷えますので、再度温めて繰り返しましょう。顔の血色が一瞬で良くなります!これをした後には、毛穴が目立ちにくくなるので、絶対に試して頂きたい方法です!

まとめ

乾燥する時期や季節の変わり目などだけでなく、一年を通して使って頂きたいローズヒップオイル。40代に入ってぐっと老化が気になってモチベーションも下がってしまうこともあるかと思いますが、ちょっと肌の調子がいいな。の積み重ねがとても大事です。

日々のスキンケアに手軽に取り入れながら、時間のある時に自宅エステをするのも良いですね!

参加しやすいローズヒップオイルの記事もどうぞご覧ください。