オーストラリア、ニュージーランド、台湾、アメリカ、カナダなど、亜熱帯地方や湿気のある暖かい国に海外旅行へ行く方は要注意!
知らないと危険、この夏肌の露出が全くできなくなる可能性も。
女性男性に限らず、30代から40代以上の方は虫刺されの痕がものすごく頑固に残ります。

トロピカルな海外に来て、楽しい旅行がたった一匹の虫のせいで病院に!ということも少なくない、知ってて損はない存在です。




虫の正体は

英語でSandfly
サンドフライは、Flyがつくことからもわかるように、ハエの一種です。
蚊くらいの大きさの小さなハエなんですが、刺します。
サンドフライと呼ばれる種類のハエの中には、ヌカカ(正式)、ブヨと、サンショウバエなどが入ります。

虫の生息場所

管理人が暮らすオーストラリアの北部の待ちも熱帯雨林気候なので、土地柄ものすごく多く、大きさは1mmほどのものになります。
オーストラリアではケアンズを筆頭にあらゆるところに生息していて、ニュージーランド、アメリカ、カナダ、インドネシアなどが要注意だそうです。



”出展Wikipedia”



まず、ビーチなどの砂があるところや、マングローブの中に生息しています。
海外のきれいなビーチでノンビリ。なんてやっていると、いきなりチクっ!!と来るのです。

出没する時間帯と条件


スポンサーリンク