残暑も残る9月、季節の変わり目でお肌の調子が悪かったり、夏のダメージによってシミになりそうな赤みや、髪の毛のパサつきなども気になるのではないでしょうか?

紫外線が日本の7倍と言われているオーストラリアの中でも、年中夏のような土地にいる管理人は、常に夏のダメージと向き合い、髪の毛のケアに執念深く付き合っています。




自宅から車で10分ほどでこのようなビーチが広がっています。休みの日をビーチでのんびり過ごすこともありますが、潮風のベタつきと乾燥によって、すぐに毛先がパサついて広がってきてしまいます・・・

肌と髪の違いは、髪の毛は死滅細胞ということ。
毛の根元はもちろん生きていますが、一度ダメージを受けた髪の毛は、どんどんダメージを重ねていきます。特に毛先は乾燥によるパサつきが激しく、ケアしても少しずつ色が明るくなってきてしまったり、枝毛ができてしまいます。

いろいろな方法や市販されているヘアケアグッズを使っても、傷んでしまった髪を治すことはできません。美しい髪を取り戻す!とか、この1本で髪の毛が生まれかわる!といった宣伝文句は、実は、美しい髪を取り戻したかのように見える!この1本で髪の毛が生まれかわったかのように一時的に艶が出る!と言う意味なのです。

髪や毛先をコーティングして人工的にキューティクルを作ってあげることで、艶がでたり、髪がさらさらになって櫛が通るようになります。根本的な解決ではないと言えますが、これらのケアによって髪を美しく見せることは間違いなくできます。もちろん、元々持っている髪自体を健康にすることができれば最高ですが、加齢の進む40代、ヘアカラーを楽しむというよりは白髪染めで髪を傷めてしまう!という方の方が多いかもしれません。

管理人は白髪だけは今のところ免れていますがパーマをかけています。ですので、髪本来の美しさを取り戻すということはとっくに諦め、ツヤツヤと健康的に見せる努力!これが精一杯なのが現状です・・・

スポンサーリンク